school代表挨拶

代表プロフィール

infinity swim school 代表 麻生剛弘

主な競技実績

<競泳>
全国中学優勝

JOCジュニアオリンピック準優勝

ロンドン五輪選考会 出場

リオデジャネイロ五輪選考会準決勝出場

全日本選手権出場(最高順位9位)

★2016年日本短水路選手権(7位入賞)

<フィンスイミング>

2015CMASビーフィン50M日本代表
2015世界選手権ビーフィン50M世界6位
★2015アジア選手権ビーフィン50M準優勝

2016CMASビーフィン50M,100M日本代表
日本選手権CMASビーフィン50M優勝(日本新記録)
日本選手権CMASビーフィン100M準優勝

2017・2018CMASビーフィン50M,100M日本代表

日本選手権CMASビーフィン50M優勝
日本選手権CMASビーフィン100M優勝

★2017アジア選手権ビーフィン50M準優勝/100M3位

私の水泳選手から指導者への道

0歳

母親が幼少期、海で溺れ
水に対する恐怖があり「せめて子供は泳げるように」と水泳を習わせ始める。

7歳

小学校2年生から競泳選手として練習を始める。

10歳以下からコンスタントに全国大会に出場はするものの
特に目立った成績は無くそれでも自己ベストは更新し続ける。

15歳

2000年の全国中学校水泳競技大会(当時15歳)400m個人メドレーで優勝。

それによる慢心も相まってその後スランプに陥り、挫折を味わう。

高校生ではインターハイ
大学生ではインターカレッジ 
それぞれ出場はしたものの
目立った成績は残せず

22歳

大学4年生で引退。

その後、一般企業に就職したものの
水泳に対する気持ちを捨てきれず
水泳指導の仕事に就く。

25歳

働いていた職場で
「大会に出てみないか?」という提案を受け
2年半振りに練習を再開

6ヶ月1人で練習をし
3年振りに参加した大会で自己ベストを更新
全日本選手権の参加標準記録を突破。

レースの為の練習をする事
の重要性に気付きまた「自ら勉強し、実践していく楽しさ」を見い出し
現役復帰を決意。

27歳

しかし「どんなに努力をしても埋められない差はある」と
再び引退しようと考えていた時
infinity swim method に出会う。

「これなら、僕でも更に記録を伸ばせる」
そう確信し、今までの泳ぎ方や考え方を捨て
自分の練習に、そして指導にと活かしていく。

29歳

新しいことへの挑戦として

フィンスイミングの日本代表選手を目指す

30歳から3年連続で日本代表選手としてアジア・世界選手権など

世界の舞台で戦う

31歳

競泳選手として2016年の
リオデジャネイロ五輪選考会にて
自身初の準決勝に進出。

更に秋の日本選手権(25m)大会にて
2種目で自身初の入賞を果たす。

どこよりも上達のステップを細かく用意した

指導者のリーダーとしての道を歩み続けている。

指導者を目指す方へのごあいさつ

今、水泳業界は多方面に向かって広がりを見せております。

私達のようにプール施設のあるスイミングスクールに社員として所属することなく

独立して水泳指導をする人の数も年々増加しております。

しかし、独立して指導する人の多くは 「選手として培ってきた経験」を教えるのみで

かつ「1人で経営している」人がほとんどです。

では、見切れない程のオファーが入った時どうするのか?

1年先まで予約が取れないのであれば 大抵の人はまた他のコーチを探さなくてはなりません。

そして、ひとりの「経験」を教えるので 複数人のチーム体制で教えることは難しくなります。

チームを組んでも指導の基本理念が統一されていない為

最初は上手くスタートしていても、将来的に衝突が避けられないケースが多いです。

人それぞれに培ってきた経験だけを頼りにすると習う人の気持ちより、自分が教えたいことへのこだわりが強くなってしまうことが多いのです。

また、現在では インターネットで検索用語を打ち込むだけで

水泳に関するたくさんの情報を得る事ができる一方

教わる側からすると 自分に適切な情報を得ることが出来ず 余計に迷ってしまう方が少なくありません。

そういった状況を踏まえ 私達 infinity swim school では

「どんな人にでも上質な上達を味わってもらう」 という基本理念を胸に

「体系化されたメソッド」と 長い時間とたくさんの人々の経験を元に作られた

「体系化された指導法」が用意されております。

体系化されていることによって 「コーチ毎に指導する内容が違う」という事はありません。

更に、そうした確立された指導法やメソッドに頼りきる事無く 指導者同士で常々議論をし

より良い指導法を編み出す努力を続けております。

水泳はこれからも ジュニア世代のアスリートを目指す子供たち

年齢を重ねても大会に参加するマスターズスイマー

トライアスロンやオープンウォーターなど海や川で泳ぐ人

こういった競技志向の方だけでなく

大会には参加しないが今より上手に泳ぎたい人や

大人になって泳げるようになりたくなった人

水に対する恐怖を克服したい人まで 幅広い人に求められていくでしょう。

私達 infinity swim school は どんな段階の人にでも 必ず上達を感じて頂くために

いかに貢献できるかを常に考え 挑戦し、成長し続けたいと思います。


研修の様子をお伝えします

プールで実際にinfinityswimmethodカリキュラムに沿って体験していただきます。

社内研修も定期的に行なっています。

日常の困りごとや相談に関してはチャットワークシステムを使ったコミュニケーションで積極的に解消しています。

定期研修「上達のしくみ」に参加して知識と実践で覚えます。

参加できない場合はオンラインで学習します。

他のファシリテーターの声をみる

先輩の声1

先輩の声2

先輩の声3

 

働く時間を1/3に時給を20倍にしながらお客様の夢と自分の夢を叶える水泳指導者になれる働き方